動画広告の運用法について解説!


動画広告は数あるweb広告の中でも、一際有用で宣伝効果の高い広告です。以下では動画広告の運用方法について分かりやすく説明します。

・動画広告の運用方法にはどんなものがあるの?

 大きな宣伝威力を発揮する動画広告ですが、宣伝動画を適切にwebコンテンツに当て嵌めなければ期待する効果は得られません。動画広告の運用にはいくつか種類があり、以下に具体的に記します。

○YouTube TrueView

○Facebook広告

○Twitter広告

○アドネットワーク

 以下それぞれの運用形態についての説明をします。

・YouTube TrueView

 これは、動画サービスサイトの1つであるYouTubeの動画広告配信枠を利用する手法です。YouTubeにアップロードされた動画の再生開始前に、動画広告を挿入する方法が主流であり多くが自動再生、経過時間に応じてスキップが可能という仕様になっています。世界最大規模の動画配信プラットフォームであるため、大きな宣伝効果が期待されます。

・Facebook広告

 これは、Facebookのフィード上に、自身の友達等の投稿と入り混じる形で動画広告が表示される形式をとります。広告が画面上に表示されたタイミングで動画の再生が開始され、多くの場合音声がないことが特徴です。広告が画面外に移動した場合、再生は停止されます。SNSを利用しているために、ユーザの嗜好データが反映されるためより正確なターゲティングが可能となります。

・Twitter広告

 これは、Twitterのタイムライン上に、フォローしているアカウントのつぶやきに並んで動画広告が表示される方式です。Facebook広告と同様に、タイムライン上の広告がディスプレイ上に表示されると、宣伝動画が自動で再生されます。TwitterもSNSであるため、フォローアカウントのタイプを分析することで、ユーザに効果的な広告を表示させることが可能となります。またTwitterの使用ハードがスマートフォンであることが多いため、モバイル向け動画を用いることが多くなっています。

・アドネットワーク

 アドネットワークとは、様々なメディアや動画配信プラットフォームの広告枠を束ねたものを指します。YouTubeやFacebook以外のメディアに動画広告を表示させることが可能となるのが、最大の利点です。YouTubeがweb上の動画再生に占めるシェアは、全体の25%程度と言われており、他の動画配信サービスを宣伝の場として利用する上で、非常に有効な手法であると考えられます。

以上のように動画広告を実際的に運用するにあたり、様々な手法があります。対象となるユーザやコスト等を考慮したうえで、適切な宣伝方策を考えるのが非常に肝要であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + twelve =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)