動画広告とは?分かりやすく解説!

 動画広告についてみなさんご存知でしょうか。ネットサーフィン中にしばしば目にする動画による広告ですが、当記事ではこの動画広告について詳しく解説していきたいと思います。

IMARIP0I9A6997_TP_V

・そもそも動画広告って何?

動画広告とは、テレビCMの様にwebページ上で映像や音声を利用した動画形態の広告のことです。一般的な広告と違って、一連の映像として宣伝することが可能であるため目覚ましい効果が期待出来ることが特徴となっています。動画の再生中や再生後にクリックやタップすることで広告主のサイトにジャンプするように設定されている場合が多いです。広告の種類にもよりますが、ユーザが再生ボタンをクリックする、あるいはカーソルを広告に重ねる等の動作をする事で動画が再生される場合と、自動再生される場合があります。

・他の広告と何が違うの?

 インターネット上のwebサイトには多種多様な広告が存在しますが、動画広告の最大の特徴として映像による情報量の多さが挙げられます。例えば、リスティング広告やバナー広告は広告それ自体の構成要素がテキストや画像等に限られるため、表現のバリエーションに限界があり、単位時間あたりにユーザへ伝えることの可能な情報量が限られています。一方で動画広告の場合は、単なる画像ではなく実際的に動作する映像を用いるという点もさることながら、BGMといった聴覚的要素を用いて消費者に訴えかけることが出来るという他の広告にはない強みがあります。

 上では、web上の広告における動画広告の映像としての特性について述べましたが、テレビCMとの違いを比較する事でも動画広告の利点が明瞭となります。テレビCMではweb上の動画広告と同様に、音情報を含めた映像を用いて宣伝を行いますが、多くの場合受動的に広告内容を「眺める」傾向にあります。一方でネットブラウジングにおいては、利用者は能動的に情報を取捨選択し、ディスプレイを注視している場合が多いためテレビCMと比べて宣伝情報の浸透性が高いと言えます。また多くの動画広告の場合で、任意に映像を停止させたり、スキップすることが可能であることも、この利点を補強しうると考えられます。

  動画広告は非常に強力な宣伝方法となります。動画広告によって自サイトへのアクセスの傾向は変化しますが、その解析としてAIが自動でアクセス解析を行う便利なツールとしてAIアナリストがあります。

original

 以上のように動画広告は、既存のネット広告にはないメリットが多分に含まれており、またそれはwebサイトにおけるユーザの心理的傾向を活用した優れた宣伝方法なのです。