YouTube広告について徹底解説!!


 YouTube動画広告についてご存知でしょうか。あるいはTrueView広告ということばを耳にしたことがあるでしょうか。この記事では動画広告の一つの形態であり、YouTube内の動画広告と深く関係するTrueView広告の利便性と特徴にについて初心者でも分かりやすく解説していきます!

gori0i9a3217_tp_v

・TrueView広告って何?

 TrueView広告とは、Googleが運営しYouTube内で展開、発信している動画広告のことです。主として、YouTubeで動画を再生するときに流れる広告映像のことを指します。広告自体へのクリックや一定時間以上の視聴によって料金が発生する仕組みが一般的となっています。

・TrueView広告の特徴って何?

 TrueView広告の大きなメリットの一つとして、プラットフォームであるYouTubeの利用者、閲覧者数が他の動画配信サイトと比べて非常に膨大であるということです。一般的なテレビ放送に比肩する広告露出効果が見込めます。そして、テレビCMとは異なり広告をクリックするだけで広告主サイトへアクセスさせることが可能となる点は、インターネット広告ならではのメリットです。

 また、YouTube視聴者の個人データから年齢、性別、居住地域、嗜好、利用端末、時間帯を絞り、該当利用者に広告対象を限定してPR動画を流すことが可能です。つまり、広告を的確にアピール対象にのみ提示することで費用対効果を増大させることが出来るのです。

・TrueView広告の種類ってどんなものがあるの?

 TrueView広告には大きく分けて以下の3種類が存在します。

○インストリーム

○インサーチ

○インディスプレイ

 

○インストリーム

 これは動画を視聴する前に表示される動画広告のことです。広告動画は最初の5秒間のみ強制的に視聴させられ、その後は視聴者が任意にスキップできます。一般的に30秒以上の視聴がされなければ料金が発生しません。またスキップが不可である標準インストリーム広告というものも存在します。

○インサーチ

 検索画面に表示される広告です。入力された検索ワードに合わせて、検索結果やおすすめ動画一覧の上位に表示されます。キーワードに合わせてユーザの興味にあう広告を表示することが出来ます。クリックされた場合に料金が発生します。

○インディスプレイ

 動画再生画面における、関連動画一覧の上位に表示される広告です。動画と関連する広告が表示されるため、ユーザの嗜好にあった広告を示すことが可能です。クリックと共に料金が発生します。

 

以上のようにYouTube動画広告は非常に利便性が高く、有効なPR手段です。ユーザの嗜好や興味を踏まえ的確な広告活動を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − 11 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)