動画広告の種類を徹底解説!


 webサイト上でよく目にする動画広告ですが、その中にも様々な種類があることをご存知でしょうか。動画広告の種類とその特徴について、分かりやすく解説したいと思います。

・動画広告にはどんな種類があるの?

 動画広告とはwebページ上で、映像を用いて宣伝する広告のことです。文字通り動画を使うという点が最大の特徴ですが、動画広告にも様々な種類が存在します。その大まかな種類は以下の通りです。

○インストリーム

○インバナー

○インフィード

○インリード

以下、各々の広告形態の説明をします。

 

・インストリーム

 これはYouTube等の動画プラットフォームや、動画ニュース等のweb上の動画コンテンツにおいてテレビCMのように、動画広告が挿入されるタイプの広告のことです。広告の表示開始点として、コンテンツ動画の再生前、再生途中、再生後の3パターンに分類されますが、最も普及しているのがコンテンツ動画の再生前に広告動画を挿入するものです。

・インバナー

 これはwebサイト中、バナー広告が掲載される箇所に動画広告を表示するという形態をとるものです。バナー広告表示用の枠型を利用するため、ページ上に動画広告を表示させるのに非常に簡便で有効的です。ただしバナー広告は一般的に、ユーザに見慣れたものとなっているため、同箇所を動画広告で置き換えても大きな宣伝効果が期待されないという難点もあります。

・インフィード

 これは、FacebookやTwitter等のSNSやニュースサイト等の記事一覧の中に、動画広告が更新情報の一部であるかのように挿入される形式のことを指します。映像が、他の情報コンテンツと親和性のある宣伝内容であれば、ユーザが覚える広告感は少なくなり、記事一覧をスクロールし画面外に排除することで広告動画の再生を簡単に止める事が出来るのと相まって、ユーザに抵抗がない形態となっています。逆に宣伝主は広告動画をユーザに見てもらう工夫が必要となります。

・インリード

 これは、webサイトの記事を閲覧している途中で、広告動画の再生が始まるという形式です。当該記事との内容の関連度に応じて、ユーザへの宣伝効果が大きく左右されるというものです。比較的新しい広告形態であり、今後の発展が注目されています。

 

以上のように一口に動画広告と言っても様々な形式が存在し、各々に長所と短所が存在します。動画広告を利用する上で、これらの特徴の理解は必要不可欠となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 4 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)